日本一の大吊橋~震動の滝&東洋!?のナイアガラ~原尻の滝

30日の旅日記の最終回として今回は、日本の滝100選に選ばれてる震動の滝と原尻の滝を紹介します。

まず震動の滝ですが、ここは3年前位に行ったことがあったのですがその時は写真を残す事などしていませんでした。と言うことでここはカウント的に79番目の滝100選になります。
ここは去年の10月に日本一の「九重“夢”大吊橋」が出来たのですが自分的にはかなりがっかりした印象でした。吊り橋自体素晴らしいもので観光客もかなり多かったのですが、肝心の震動の滝の展望所は昔のままで見にくいままで、当然滝下まで行ける遊歩道は通行止め。
これだけ立派な吊り橋を造り既に30万人以上の観光客も来てるのでもう少し展望所にお金をかけてくれても良いんじゃないかと思います。
昔のひっそりとしたイメージからがらっと変わって完全に観光地化してしまった震動の滝、なんとなく寂しい気持ちになりながらの撮影でした。
撮影自体も少しやる気の無い写真になってしまいました(>_<


雄滝 EOS 30D / f20, 1s, ISO100, 70mm, PL (2006.12.30 13:46)


吊り橋の上から雌滝 EOS 30D / f3.2, 1/60s, ISO100, 48mm, PL (2006.12.30 13:31)


九重“夢”大吊橋


次に原尻の滝は東洋もしくは大分のナイアガラと呼ばれ横幅120m落差20mの横幅の広い滝となってますが、水量は普段でもそこまで多くないのでナイアガラと名を付けて良いものかと思うのですが、そこはまあご愛嬌ですね^_^
九州では鹿児島にある曽木の滝の方が水量も多くこちらも東洋のナイアガラって呼んでるみたいです。まあ何でも良いけど(;^^)ヘ..

参考までに曽木の滝


ちなみに原尻の滝は落ち口まで簡単に行けます、高所恐怖症じゃない人は是非落ち口まで行ってみて下さいヽ(^0^)ノ足を滑らせたらとんでもないことになりますけどね(^^ゞ
撮影時は完全に逆光でしたがなんとか誤魔化しながら撮りました(^^)


EOS 30D / f16, 1s, ISO100, 24mm, PL (2006.12.30 16:34)


EOS 30D / f16, 1s, ISO100, 24mm, PL (2006.12.30 16:44)


展望吊り橋から


これで30日の滝巡りは終了!次回は運命の出会いをした大晦日の滝を紹介しますヽ(^0^)ノ

Yahoo!ブログより2007年1月10日投稿の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする