8/10~11-新潟港から北の大地へ

携帯での簡易レポはしていたものの今回から早速本レポをスタートしたいと思います。



8/10-18:35 自宅を出発 
まずは焼津I.C→清水I.Cまで高速に乗り、その後国道52号線を北上。
清里→菅平を抜け新潟県へ、深夜道の駅「クロス10十日町」で車中泊
早朝にまた出発し、一路新潟港へ。



8時40分過ぎに新潟港に到着したときには既にかなりの車がいて、辺りは熱気が充満していて暑かった(^^ゞ



出港1時間前にフェリーに車を移動、この日は当然ながら予約一杯で所狭しと車が置かれていく。


今回は2等寝台を確保、2段ベットだが周りの目を気にせずに寝られるので良いが、狭いためあまり寝返りが打てないのがやや難。
そうこうするうちに10寺30分に新潟港を出港、外の様子を見に行ってみるとカモメたちが餌を求めて飛んでくる。
そんな様子をカメラで撮りながら時間を潰す。



何せ新潟港出港10:30→小樽港到着4:30の18時間に及ぶ航行である為、一人の自分にとっては退屈極まりない。
ベットの中で本を読んだり寝たりの繰り返しをしたが、それでも暇なので昼の3時頃風呂に入る。
風呂に入ったらビールでしょ!って事で適当に飲んでまた寝る。

少し寝てたら、アナウンスが流れもうすぐ日が暮れるという、とりあえず日の入りの写真でも撮ろうかなって事で外に出て適当に夕日を映すが、一人で見る夕日にさほどの感激はないが、明日からの旅の成功を祈ってみた。




夕日も沈み2度目の風呂&ビールタイムである(^^)ぐっすり寝られるようにと缶チューハイを更に飲み、船内のラーメンを豪快にすすり後は寝るだけである。

寝に入った最初は良かったが、夜中の1時前に目が覚める、2段ベットの上は暑いのである。暑くなるのではと、予感はしていたが予想以上に暑くその後はあまり寝られなかった。

小樽港到着の1時間前に目覚ましの放送がなり、その後は出発の準備。
暑かった2段ベットから車に移動し、出発の時を待つが、車が多いためなかなか下船の時は来ない、4時50分頃ようやく船外に出ることが出来た。

いよいよ初上陸の北海道の滝巡りがスタートとなる。

Yahoo!ブログより2007年8月19日午後 7:28投稿の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする