5/1-Part.2~奈良県上北山村の滝へ…

前鬼の滝を見終わったら、一路国道425号線へと向かいます。
425号線は別名、酷道なのですが多くの滝も見る事ができる道でもあるのです。

まずは国道425号線の備後橋の手前を右に取り佐渡林道へと入り三重県に入ります。
15分程走ると林道沿いにナル谷大滝が顔を出します。


ナル谷大滝


ここは高谷滝とも呼ばれ落差は100mにも及ぶと言われています。
この滝を見ながらしばし昼食タイム(^^)
林道沿いから撮影を済ませ、更に奥に進み「奥備後橋」に駐車。
この滝は是非とも滝下から見たいと思い、3m程の崖を残置ロープを使い降ります、その後は川沿いを渡りながら歩き最後は左岸を巻けば滝下へと行けますが、水量が多い時は川を渡るのに苦労するでしょうし、危険なところもあるので充分注意が必要です。

そんな訳で滝下からの画像はこちらヽ(^0^)ノ






直下での姿に満足し帰路へ、最後の崖も三点支持でよじ登り無事に到着。
この時から少し雲行きが怪しく涼しくなってきたので今にも雨が降り出しそうな予感…先へと急ぎます。

国道425号線に戻り、尾鷲方面へ進むとツキ谷滝が左手に見えてくる。
まずは国道沿いから撮影を試みる。


ツキ谷滝


ツキ谷滝が見えるポイントは下月谷橋から見下ろす事ができるのですが、よく見ると大岩を伝えば何とか降りられそうなので心の準備を整え、滝下へとアタックしてみました。

以外と簡単に大岩を伝い5分程で滝前に到着。
写真では国道沿いからでしか見た事の無い滝でしたが、落差は40mと言った所で滝壷は持たず大岩に水を落としていました。


ツキ谷滝直下


直下に辿り着くと同時に予想通りの雨が降り出したので、急いで撮影をして元の道へ戻ります。
急いだ理由は岩が濡れてしまったら滑って危険なので…ホントはもっとゆっくりしたかった気持ちを抑え無事に国道へと戻ります。

雨が降り出す中、ツキ谷上流の千尋の滝へと向かう事にする。
千尋の滝は以前は川沿いを歩かなければ行けなかったのですが、最近遊歩道が整備されたみたいでものの10分もかからず滝下へと到着。
相変わらず素晴らしい滝で色んな角度から撮影を試みました。


千尋の滝








千尋の滝を充分堪能したら、小雨が降り続く中さらに尾鷲方面へ向かうのでした。

Yahoo!ブログより2008年5月10日午後 5:41投稿の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする