5/4-Part.3~帰り道の滝巡り

八草の滝を見たら帰りながら簡単に寄れる滝を目指して、龍神スカイラインへと車を走らせ、曼陀羅の滝へ行こうとしたら、辺りはGWの観光客で車もなかなか停められない状況でパス。

龍神スカイラインを北へと走らせると、右手に恋小袖の滝が見えてきます。


恋小袖の滝


スカイライン沿いで簡単に見る事が出来ますが、水量も少なくやや寂しい感じで次の場所、「越戒の滝」へ行こうとしたら林道通行止めで5kmも歩くの時間も無いので、次の場所へと向かいます。

龍神スカイラインの笹の茶屋峠から西に延びる「湯川笹の茶屋林道」へ入り湯川渓谷に進みます。
この林道は完全舗装でしかも道も綺麗なので快適に車を走らせる事が出来ます。

湯川に入り、まずは最奥のさがり滝へ。


さがり滝





落ち口が分かりにくい滝ですが、落差もあり角度を変えながら落ちる姿はなかなかのもの。
次に銚子の滝を探すので、標識も無く結局見つかる事が出来ませんでした。

仕方なく、途中に見つけた滝を撮影しました。


細谷の滝
(※細谷の滝と思っていた滝は銚子の滝と判明しました。2018年1月14日加筆)
だいぶ日も陰って来たので、早足で五段の滝へと向かいました。


五段の滝





五段の滝は全景を捉える事が出来ない滝でスケールはかなり大きい滝です。

この滝を見終わった時には午後6時を過ぎており、本格的に静岡に向けて帰り走りました。
帰り途中東名阪の亀山で渋滞にはまったものの、その後は順調で午前1時過ぎに無事家に辿り着きました。
足掛け6日間に及ぶ滝巡りはほぼ天候にも恵まれ充実した旅となりました。


Yahoo!ブログより2008年5月21日午後 9:12投稿の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする