滝の引力ブログ

青薙沢の滝

青薙沢の滝-川根本町(訪問日:2013年3月23日)


①釜滝


見事なヒョングリで有名な滝、ここまでは2時間半から3時間半の行程、軌道跡や踏み跡はしっかりしており歩きやすい。釜滝までなら崩落している箇所などあるが、ある程度登山や沢登りの経験があればそれほど難しいルートはない。

今回の目的は釜滝の奥にある3つの滝、正直行けるか分からなかったが、何とか行くことが出来た。
まずは釜滝の手前の広場から左岸を登りそのまま踏み跡をたどると跡かたもない吊り橋跡のところから沢沿いを進む、途中ルートを見極め階段状の枝沢の滝を登ったり巨岩帯を超えると20m近い見事な直瀑。
以前、ふたつぎさんが訪問していた画像を見比べると滝下の岩がだいぶ流されていてるのが分かる。

②20m直瀑


ここからは右岸を大高巻きし直瀑を越えていくと、穏やかな渓相となり、すぐに沢は二股になる。
地形図上、水線と滝マークがある方は西沢と呼ばれるところで、水線の無い方が青薙沢になる。
青薙沢を少し進むと③逆くの字滝(15m)が立ちはだかる。


③逆くの字滝(15m)


西沢の滝マークはやや奥まっており全景を捉えることができない、こちらは頭上に壊れた吊り橋が残っていた。


④西沢滝マーク(15m)


ルートを探しながらの訪問だったが西沢の滝マークまで撮影を含め行きは6時間半、帰りも撮影しながら4時間半だった。




Yahoo!ブログより2013年4月7日午後 11:13投稿の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする