滝の引力ブログ

麻布沢「V字滝」深沢「七ツ釜」

今回は以前の課題であった麻布沢のV字滝の直下、成瀬陽一さん情報による「山に生きる会」の水窪の滝をまたまた参考に深沢へ入ってきました。
麻布沢へは一年振り、前回訪問時は入渓点まで2km近く歩かなくてはいけませんでしたが、今回は通行止めも無く橋の近くまで車で行くことができました。
準備をして早速麻布沢へ入ります。
入渓して20分ほどで連瀑帯に突入するので、左岸を巻くとV字滝と上部に麻布沢大滝がかすかに見えるポイントに到着。
滝下へのルートポイントを確認するが、右岸から巻くのが無難そう。
一旦V字滝の下流沢沿いへ降りて右岸からV字滝下へ、最後はロープを使い降下し無事に滝前に到着。

2回目の麻布沢、ルートはある程度把握していたので滝下までは1時間弱、帰りは30分ほどで行けました。
6:10入渓-7:05V字滝8:00-8:30入渓点

次に向かうのは深沢の「七つ釜」
林道を更に奥へと走らせるといきなりゲートが...。
路肩が崩れてる、しかし簡単に破れそうなゲート...。
何事も無かったかのように車で進み長者屋敷跡(近くの沢に滝あり)や赤崩橋を通過、ようやく深沢橋にたどり着きます。
深沢橋の先には平野社団の作業小屋があり駐車スペースがあるので、ここで駐車

早速深沢橋から入渓開始します。

入渓して早々きれいな小滝があります、ここは右岸を巻いて更に上流へ、明るく開けた沢ですが、倒木などもあり少し進みにくいです。

更に進むと階段状の絵になる滝。
ここは左岸を巻いて進みます。

更に上流へと進むと渓流状の滝がありさらに上流の沢は少し狭くなりこのまま進めるかちょっと不安になるところで、左岸を見上げると植林帯があり踏み跡もあるので、この踏み跡を辿れば沢を巻いて進めるのではと思い、植林帯へ上ってみました。

植林帯へ
しかし結論から言うとこれが大失敗。
植林帯をある程度の所まで上り沢へ降りるルートを探すもどこも急坂で無理をすれば降りられそうだが、リスクが大きそう。

そんなこんなで沢へ降りるルートを見つけず仕舞いで植林帯の入り口まで引き返してもう一度沢沿いを進んでみると岩場は多いもののそんなに困難場所も無く進むことが出来ました。
結局約1時間半のロス、この先も小滝や岩場の連続で結構体力を奪われます。
さらに奥へ進むと右から枝沢が流れ込んでいます。

枝沢のすぐ上には小さな跳ね滝となっていました。
本流へと戻り先に進むと少し両側が狭まり廊下状になっています。

感覚としては沢の奥まで来たのでこのあたり七つ釜があるのではと思い進みますが、それらしい場所は一向に現れる気配はありません。
枝沢の分岐から30分ほどで倒木地帯に差し掛かります。

行く手を阻むので進みにくいですが、倒木帯を抜けるとまた穏やかな渓相になります。
更に上流へと少し進むとついに七ツ釜が見えてきました。
七つ釜と名前が付いているだけに連瀑帯となっており上段への滝へは直登が出来ません。
左岸を巻けば滝下へと行けそうだったので、左岸を登り最後はロープで降下し無事に七ツ釜にたどり着くことが出来ました。

決して大きい滝ではないですが、新緑の間を流れ落ちる様はとても力強く、安倍川の七つ釜と比較するととても男性的な印象を持つ滝です。

途中ルート選択ミスもあり精神的、体力的にかなり疲れたので七つ釜が見えたときと安心感と嬉しさがこみ上げてきました。
七ツ釜を堪能し入渓点へと戻りますが、戻るのも一苦労沢沿いだったのでそれほど暑さは感じませんでしたが、膝への負担は相当なものでした。
深沢橋8:50-9:30(ロス)植林帯11:05-11:40枝沢分岐-12:20七つ釜13:05-13:55植林帯-14:25深沢橋

車に戻り時間は14時半、まだ少し時間が余裕があったので、下足毛沢の偵察へ行こうと更に林道を奥へと進みます。
深沢橋から1kmも進まないところに完全な車両通行止めのゲートがあります。
ここからは徒歩でしか進めないが、折りたたみ自転車を用意していたので、とりあえず林道を奥へと進みます。ゲートからほとんど上り坂なのでかなり疲れます。

ゲートから15分ほどで清滝橋に到着、思ってたより立派な清滝が飛び込んできます。
さらに奥へ進むと橋がありこの沢が下足毛沢になります。


橋から上流を見渡すとカーブになっており見えにくいですが、すぐ上流には大きな堰堤があり両岸はかなり切り立っていそう。
橋から沢へ降りるにもロープなしでは危険そう。
体力的に疲れていたので堰堤の全景、そして両岸はどうなっているか分かりませんでしたが、この上流にあるであろう岩稜の滝に行くには堰堤が核心になりそうでした。

帰りは下りだったので10分ほどでゲートに帰り着きました。
車に戻り、長者屋敷の近くの沢の滝を撮って本日の滝見は終了


ひとまず、課題であった麻布沢のV字滝の滝前に行けたので満足、沢靴を脱ぐとヒルが3匹いましたが、きっと麻布沢で拾ったもののようでした。(スパッツ、ネオプレーンソックスをしていたので吸血被害は無しでした)


Yahoo!ブログより2016年6月13日午後 11:39投稿の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする