大滝-麻布沢の滝

所在地 静岡県浜松市天竜区水窪町地頭方
水系 戸中川支流麻布沢
落差 40m
駐車場所 林道脇
到達時間 2:30
必要装備 沢靴or(スパイク靴)、ロープ(30m×1,10m×1)
滝までの行程 林道→沢沿い遡行
アクセス 水窪市街地から水窪ダムへと向かう。水窪ダムから北東へ800m程進むと林道への分岐があり、林道方面(川沿いの右側)へと進む。
ただしこの林道はや崩落や工事によって通れない時があるので注意が必要。(私が訪れた時は林道途中で通行止めになっていて2km以上歩いた)
この分岐から約3.4km程進むと「難場道橋」が有りここが麻布沢となる。
麻布沢からは遡行となり、最初は緩やかな渓だが徐々に高度を上げていき連瀑帯など巻いて行くと、V字滝の下まで辿り着く。
さらに上流部には大滝が有るが、V字滝手前から左岸を高巻き、尾根沿いを下ると大滝の展望地に辿り着く。
大滝の次にある滝は明滝で大滝からはやや離れた上流部に位置する。
さらに上流部へ進むとすべり滝、井戸底滝があるが、いずれも道は無く尾根沿いから降りられそうな所を探り滝下へと進むので危険が伴う。
麻布沢の滝は一般的なルートでは無く、危険を伴いますので安易な気持ち、装備での入渓は避けてください。
コメント 麻布沢の入り口から進むとV字滝の上にあるのが大滝。大滝へはV字滝を左岸から巻き、尾根沿いを下ると展望ポイントに着く
滝前に立つにはロープで確保した状態で滝前にアプローチすることになるが、滑りやすい場所でもあるので、しっかり安全の確保を行いアプローチをすること。
滝前に降り立つには難しいと少しでも感じたら決して無理をしないこと。
麻布沢で一番の落差を誇る大滝、水量の多少によりその印象が変わるようで、私が訪れた時は水量も多くとても力強い印象を受けた。
麻布沢の滝(下流から):V字滝 麻布沢の大滝 明滝 すべり滝 井戸底滝
※この麻布沢の滝名は成瀬陽一氏が命名したものと思われますので、その表記のまま掲載しております。
訪問日 2015/05/05

Photo

thumb nail

2015/05/05 2015/05/05 2015/05/05 2015/05/05
2015/05/05 2015/05/05 2015/05/05 麻布沢※位置はおおよそ

地形図で位置を確認する

地形図を別のページで開く

Google Maps で静岡県の滝を確認する(別ウィンドウが開きます)