白滝・赤滝

所在地 静岡県浜松市天竜区春野町小俣京丸
水系 気田川小俣川
落差 15m・15m
駐車場所
到達時間 1:20
必要装備 スパイク靴orスパイク長靴
滝までの行程 林道→林道(崩壊)or沢伝い(崩壊跡有)
アクセス 国道362号線から春野町に入り、「春野山の村」の看板に従い狭い山道を登る。 山の村を通過しそのまま「ログペンションシンフォニー」を目指して進む。 シンフォニーの広い駐車場が岩嶽山登山の為の駐車場となっており、ここからは基本徒歩となる。 駐車場から500mで林道ゲートがあり、更にそこから3.5km進むと林道終点の広場になっている。(駐車場から1時間弱)
林道終点から5分ほど歩くと右手に通行止めの林道(崩落の為)、左手には岩嶽山の迂回路となっており、 白滝・赤滝へはどちらのルートからも行けることになるがともに危険を伴う。
右手の林道は大崩落地があり、そこを通るのは滑り難い装備や崩落の危険もあるのであまりおすすめは出来ない。 左手の迂回路から滝へのルートは迂回路を入るとすぐに沢を横切る橋があるが、滝はその上流にあるので、 橋を渡らずにそのまま沢伝いに進むことになる。途中滑りやすい箇所もあるのでスパイク長靴やスパイク靴などの 滑り難い装備が良いだろう。
沢伝いに進むと右手に大崩落地が見えてくるが沢沿いをもう少し進むと白滝まで辿り着ける(林道終点から20~30分程度)
赤滝へはその崩落地を一旦登り崩落した先の林道沿いを進めば赤滝があるが、この近辺も崩落爪跡が今なお残されている。
現時点(2013年12月現在)登山道の崩落があり通行止めになっている為、あくまで自己責任においてのルートとなります。
コメント 岩嶽山登山道沿いにある滝で現在は崩落による通行止めになっている。
白滝は2段の滝で、岩盤の浸食により抉られた間を滑り落ちる姿が特徴的だ、やしお橋付近は平場の渓流となっている。
赤滝は水量が少ないようだが崖の上を這うようにして落ちる姿が特徴的だ。
訪問日 2013/12/22

Photo

thumb nail

白滝 白滝 白滝左岸脇の滝 赤滝

地形図で位置を確認する

地形図を別のページで開く

Google Maps で静岡県の滝を確認する(別ウィンドウが開きます)