朝日滝

所在地 静岡県富士宮市麓
水系 麓川支流朝日滝川
落差 10m(一の滝)、20m(二の滝)
駐車場所 地道脇
到達時間 0:10(一の滝)、0:25(二の滝)
必要装備 スパイク長靴
滝までの行程 沢沿い(一の滝)→登山道(二の滝)
アクセス 国道139号線から朝霧高原近くの麓にあり「富士オートキャンプ場ふもと村」を目指す。 滝はキャンプ場の私有地内奥にあり、滝を見るだけでは入場も断れることもあるので、 キャンプ場入り口横の枯れた河原を奥に進み、適当にキャンプ場の中に入り、そのまま沢沿いに 沿って進むと水音が聞こえ一の滝が見えてくる。
二の滝へは一の滝手前の左岸沿いに黄色い目印が有りそれに従い上流に進めば二の滝へ行ける。
三の滝は二の滝右岸の崩落気味の傾斜の緩い場所を遡れば行くことができるが、基本的に道ではないので訪れるには注意が必要。
コメント 一の滝は人面岩と呼ばれる岩から落ちる姿が特徴的である。 二の滝は大きな岩盤を抉るように落ちており、水流の左側にははるか昔の水流と思われる大きく抉れた岩肌が特徴的だ。 三の滝は二の滝のすぐ上にあり、更に上流は連瀑帯となっている。
訪問日 2014/12/23

Photo

thumb nail

一の滝 一の滝 二の滝 二の滝
二の滝 三の滝 三の滝 三の滝上流

地形図で位置を確認する

地形図を別のページで開く

Google Maps で静岡県の滝を確認する(別ウィンドウが開きます)