雨乞の滝③(長野県大鹿村)


滝

この滝の近くをリニアのトンネルが通る予定になっていて水量が著しく減少する可能性があるという。そもそも南アルプスにリニアを通す事に疑問を感じ、ますます進む日本の人口減少社会の中で6,7分の短縮の為に貴重な自然を破壊する事に疑問を感じ、いつまでもインフラ正義の昭和の考えを進める事自体が日本の衰退を進める事の要因だと個人的には考える。大鹿村にはリニアを通すと明るい未来が待っているかのような看板をやたらと目にしたが、政治や金の匂いがして良い気持ちではなかった。静岡県知事には大いに頑張っていただきリニアの計画自体を見直してもらいたいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする