5/1-Part.1~奈良県下北山村の滝へ…

29.30日と道の駅「吉野路上北山」に連泊し朝を迎え、前日のきつい行程に予想通りの筋肉痛でしたが、思った程ではなく今日も早朝からの滝巡りです。

まずは国道沿いを南下し、下北山村に向かう途中に訪れたのが、深瀬滝。


深瀬滝


ここは階段を登り、少し山道を登れば簡単に見る事ができるのですが、落差はあるものの迫力はイマイチ伝わらず、こんなものかと簡単に見て次の目的地に向かいます。

下北山村に入り、池原地区には3つの滝があるのでそこへ向かい、最初に目指したのがアメドマリ滝。


アメドマリ滝


ここは橋の袂からガレ場を下り川沿いを遡行し、淵がある手前から右岸を登ると見る事ができるのですが、思った以上に困難な道程に四苦八苦、やっと展望できるポイントに着きましたが、水量が少なくやや残念な結果でした。

アメドマリ滝を見たら次は音無の滝へ。


音無の滝


ここは道路沿いからも見え、踏み跡を辿れば簡単に滝下まで行く事ができます。
予想以上に大きい滝に満足し、ゆっくりと音無の滝を堪能したら、不動の滝へと向かう。


不動の滝


不動の滝も道路路から見る事ができるのですが、間近で見たいと思い川へ降りる道を探すと滝から約400m下流に「マイナス1」と道路にペンキが塗られているところから踏み跡があり簡単に川に降り、そのまま川を上流に進めば滝下へと行けるのですが、ここはほとんどが土砂で埋まり水も完全に伏流しているので難なく行けるのですが、滝壷も土砂で埋まっており、砂防事業も大事だけど、こんな景観だとちょっと寂しい気持ちにもなります。

不動の滝を見たら再撮影と主瀑展望台へ行こうと思い、不動七重滝へと向かう。


不動七重滝


まずは道路路の展望ポイントから撮影をし、下流の展望台の駐車スペースへ向かうが、以前あった展望台の看板が無くなっていた。
やはり吊り橋が壊れて流された為だと思い、遊歩道を歩く。
予想以上に川の水は多く膝下まで濡れながら川を渡り、そのまま川沿いを歩き展望台に伸びる階段を登りますが、予想以上に急で前日の疲労も重なり休み休み歩きながら30分程で展望台へとたどり着きました。


不動七重滝 展望台


主瀑はやはり大迫力、真下から見てみたいと思う気持ちを抑え展望台を後にしました。
不動七重滝に満足し、前鬼林道を戻る途中に気になる滝があったので、そこにも立ち寄る


大鷲谷の滝


大鷲谷橋からも見え、橋の袂からも降りる事ができますが、少し危険だったりもします。
大鷲谷を見たら次は小鷲谷へ。


小鷲谷の滝


大鷲、小鷲とそれぞれ特徴が有り、二つとも見応えのある滝ですが、滝下へ降りるのはちょっと危険なので注意が必要でしょう。

前鬼林道を降りて午後からは国道425号線沿いの滝へと向かうのでした。

Yahoo!ブログより2008年5月10日午後 5:17投稿の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする